平屋の注文住宅を建てるメリット・デメリットについて解説!

公開日:2022/10/15

平屋の注文住宅を建てる

注文住宅を建てるにあたり、悩みのひとつとなるのが平屋にするか、それとも二階建てにするか、という部分です。こちらは、そもそも平屋とはどういったものか、平屋を建てるメリットとデメリット、さらに注意点についても明らかにします。注文住宅を建てようと考えており、平屋にするか二階建てにするか迷っている方はぜひ読んでみてください。

そもそも「平屋」とは?

平屋は、1階建ての住宅です。階段がない物件なためすべての部屋が1階に配置されます。一般的に2階建てよりも天井高があるため、広いワンフロアのLDKにされることが多く開放感があるつくりです。

広い室内でゆったりとした気分を味わいながら生活する、なんてことに憧れを抱いている方に最適でしょう。また、1階から2階への移動がないため、身体的負担が少ないのも特徴のひとつです。とくに高齢者にとっては平屋のほうが、都合がよいことが少なくありません。

ただし、平屋でたくさんの部屋数を確保しようとすると、2階建てよりも広い土地が必要になります。したがって地価の高いエリアでは、平屋=高級といったイメージもあるのです。

平屋の注文住宅を建てるメリット

平屋の全体像が掴めてきたら、次はいよいよメリットを確認していきましょう。平屋には生活動線が効率的で、バリアフリー対応がしやすいなど注目のメリットが満載です。

生活動線が効率的

そもそも2階建てにすると、水回りは1階にしかないのがほとんどです。2階にはあってもトイレくらいでしょう。洗面所もなければ、お風呂もないため、それらを利用するためには、わざわざ1階に降りてこなければなりません。

その点、平屋であればすべてが同じフロアにあるため、よく利用する水回りの部屋も短距離で利用できます。とくに大掃除の時期は、平屋住宅のありがたみを感じることになるでしょう。

バリアフリー対応がしやすい

高齢者に最適なのが平屋の注文住宅です。とくに近年では、高齢の両親と生活したい方も少なくありません。自身の将来を見据えて自宅をバリアフリー化したい、と考える方もいるでしょう。

そもそも平屋はワンフロアであるため、バリアフリー対応が簡易です。2階建ての住宅もバリアフリー化は可能ですが、階段があるため、その部分の対応に時間とコストが取られてしまいます。

一方の平屋は室内をフラットに設計するだけで、家の段差がほぼありません。将来的に年を取ってからでも快適な生活が送りやすいのが平屋なのです。

耐震性が高い

使われている素材によっても違いはありますが、一般的に平屋は地震に強さを発揮します。そもそも二階建てのように高さがないため、構造的に安定しており、二階を支える壁や柱が必要ありません。

二階の重みで家が潰れるといったこともないため、地震や台風といった災害などにも強みを発揮してくれるのです。

平屋の注文住宅を建てるデメリット

平屋の注文住宅には見逃せないメリットがたくさんありますが、その代わりにデメリットもないわけではありません。メリットを確認しつつもデメリットも把握し、そのうえで平屋にするか二階建てにするか決めるとよいでしょう。

建築費用が高い

「え?平屋のほうが安いんじゃないの?」と思われるかもしれません。たしかに、全体を通すと二階建てのほうが建築費用は高いです。しかし、延床面積で比較すると平屋のほうが二階建てよりも高くなります。

その理由は、平屋だと基礎部分の面積が大きいため、基礎工事にコストがかかるからです。もちろん基礎がしっかりとしていることで、耐震性能が高まるなどプラス面もあります。ただコストを重視している方にとって、こちらのデメリットは悩ましいでしょう。

洪水の影響を受けやすい

2階建てであれば、洪水が発生しても2階の部分は無傷で済む可能性があります。しかし平屋の場合は、すべての部屋が1階部分にあるため、床上浸水となると大きな被害を受けることに…。

また、上の階に逃げる垂直避難もできないため、逃げる場所を確保できません。高地など、洪水が発生しにくい地域であれば平屋もよいでしょうが、川の近くなど低地の平屋には大きなリスクがあるので要注意です。

平屋の注文住宅を建てる際の注意点

平屋の注文住宅を建てる際は、平屋を得意とするハウスメーカーを探すのがおすすめです。2階建てばかりと作っているハウスメーカーだと、そもそも平屋のノウハウを持っていません。

無理に平屋の建築をお願いしても問題が発生する恐れもあるため、まずは平屋の実績を確認し、そのうえで見積もりなどを依頼しましょう。

また、自身に平屋が向いているかも確かめておく必要があります。「夫婦のみである。または一人暮らしなのでコンパクトな一軒家に住みたい」「天井が高く広々とした開放感がある環境で暮らしたい」「老後に向けて住み替えをしたい」といった希望がある方向けなのが平屋です。

一方で、家族が多い場合には平屋は適していません。

まとめ

ここまで平屋の注文住宅を建てるメリット・デメリットをお伝えしました。平屋には魅力が多くあり、生活動線が効率的でありバリアフリー対応がしやすく耐震性も高いです。とくに高齢になると平屋のほうが安心して住める物件となるのは確実です。

一方で、水に関する災害に弱く坪単価あたりの建築費用が高額、といったデメリットがあります。まずはメリットとデメリットを確認し、メリットのほうが気になるのか、それともデメリットのほうが気になるのかじっくりと考え、そのうえで結論を出すことをおすすめします。

【新潟市】注文住宅メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名大滝工務店清新ハウスKNOWLEDGE LIFE(ナレッジライフ)一条工務店Organic Studio(オーガニックスタジオ新潟)
特徴①地中熱を使った家づくり。高気密・高断熱で安心な家づくりを年間で10棟しか建設しない理由は、本当に住みたい家をつくりあげるから人と街と地球にやさしい家をコンセプトに快適な住まいと暮しをご提供高性能で耐震性を重視した家づくり。業界トップクラスの性能をもつ工務店新潟に最適な高気密で高断熱住宅をつくるオーガニックスタジオ新潟
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧