注文住宅のキッチンを選ぶ際にチェックするべきポイントとは?

公開日:2022/11/15


注文住宅を購入するにあたり、多くの人を悩ませるのがキッチン選びです。特に主婦にとっては大事な部分であり、選択を失敗して後悔する例も少なくありません。そこで当記事では、キッチンの種類ごとの特徴。あらには選ぶ際のチェックポイントとよくある失敗についても解説します。注文住宅の購入を検討している方は要チェックです。

キッチンの種類ごとの特徴

近年の住宅のキッチンはシステムキッチンが主流です。そんなシステムキッチンには、対面キッチン(オープンキッチン)と壁付キッチン(クローズキッチン)の2種類があります。こちらではそれぞれの特徴に迫ります。

対面キッチン(オープンキッチン)

キッチンで料理等の作業をしている時に、ダイニングおよびリビングが確認できる作りのキッチンを指しています。開放感があるのが特徴で、小さい子供がいる家庭などでよく採用されているタイプのキッチンです。コミュニケーションが取りやすいのが特徴であり、テレビを見ながらであったり家族の様子を見ながら作業ができたりするのが最大のメリットです。対面キッチンにはアイランドキッチン・ペニンシュラキッチン・セパレート型キッチン・I型キッチン・L型キッチンなどがあります。

壁付キッチン(クローズキッチン)

キッチンスペースが独立しているタイプのキッチンを指します。対面キッチンとは異なり、コミュニケーションが取りにくいのが難点ですが、キッチンが散らかっていても画しやすくクッキングスペースをコンパクトにまとめられます。また料理に集中しやすいため、料理が好きな方から人気が高いタイプのキッチンです。

注文住宅のキッチンを選ぶ際にチェックするべきポイント

注文住宅でキッチンを選ぶ際は、家事動線や収納スペースに注目しましょう。

家事動線

そもそもキッチンの種類によって家事動線は大きく異なります。あなたの生活スタイルに合わせたキッチン選びをしなければ、家事のしにくさを感じることになるでしょう。ちなみに回遊動線を重視するのであれば、ペニンシュラキッチンやアイランドキッチンがおすすめです。一方で片側に設置することの多いI型キッチンだと、買い物から帰ってきたときに荷物の出し入れがしやすいです。

収納スペース

料理をするにあたり、さまざまなアイテムが必要になります。料理器具だけではなく食器類や日用品の収納も考えることになるでしょう。また家族の人数によっても収納スペースは大きく変化するものです。まずは自身の家庭の場合のキッチンに必要な収納スペースを考えてみましょう。

機能や素材

キッチンは汚れやすいため、掃除しやすい機能や機材を持ったキッチンがおすすめです。特に近年では、長期間お手入れが不要の換気扇であったり、汚れが排水口に自然と流れ込むように形状が工夫されたシンクであったり、ワークトップとの継ぎ目をなくして汚れを溜まりにくくしたシンクや加熱調理機器などもあります。たとえばシンクの素材もステンレス、人造大理石が利用されることが多いですが、素材によって汚れやすさも大きく異なります。実際にショールームで見るなどして決めると良いでしょう。

価格

キッチンお種類によって価格も異なります。住宅の購入価格にも関わってくるため、事前にそれぞれのキッチンの種類ごとの相場程度は把握しておきましょう。ちなみにアイランドキッチンの相場は120万円から180万円、ペニンシュラキッチンは90万円から170万円、壁付キッチンは50万円から150万円、セパレートキッチンは120万円から250万円、L型キッチンは80万円から150万円です。

注文住宅のキッチン選びでよくある失敗

注文受託のキッチン選びでよくあるのが、使い勝手の悪さです。見た目を重視するあまり、使い勝手が悪く料理するだけで疲れてしまうケースも珍しくありません。動線について考え、そのうえお手入れのしやすさにも注目すべきです。また生活感が丸見えになってしまうのも、失敗例として少なくありません。特にアイランドキッチンおよびペニンシュラキッチンは、リビングスペースから丸見えの状態であり、お客さんが来た時に生活感が丸見えになるケースも珍しくありません。もちろん収納スペースがあれば、それらの問題は解決します。

調理家電や調理器具が片付けられるからです。金額で失敗することも多いです。キッチンは安いと数十万円程度ですが、高いものになると200万円から300万円程度はします。物によって値段が大きく異なるため、前もって比較検討した上でどれにするか決めましょう。前述したように相場にもかなりの開きがあるのが現状です。ハウスメーカーによって取り扱いのあるキッチンに違いもあれば、価格にも大きな差があることが事実。キッチンは家の中でも重要な場所であるため、キッチンを重視した家づくりをしましょう。

まとめ

注文住宅のキッチンを選ぶ際にチェックするべきポイントを解説しました。キッチンには、対面キッチン(オープンキッチン)と壁付キッチン(クローズキッチン)があります。キッチンは生活に密着しており、誤ったものを選んでしまえば料理しにくさを感じるだけでなく、収納やお手入れにも大きな影響を与えます。また種類によって価格も異なり、より大きな住宅ローンを組むことにもなりかねないので要注意です。

【新潟市】注文住宅メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名大滝工務店清新ハウスKNOWLEDGE LIFE(ナレッジライフ)一条工務店Organic Studio(オーガニックスタジオ新潟)
特徴①地中熱を使った家づくり。高気密・高断熱で安心な家づくりを年間で10棟しか建設しない理由は、本当に住みたい家をつくりあげるから人と街と地球にやさしい家をコンセプトに快適な住まいと暮しをご提供高性能で耐震性を重視した家づくり。業界トップクラスの性能をもつ工務店新潟に最適な高気密で高断熱住宅をつくるオーガニックスタジオ新潟
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧