工務店/ハウスメーカーどちらを選ぶ?メリット・デメリット解説

公開日:2022/06/15

どの企業に家づくりを依頼しようかと探し始めるなかで、工務店とハウスメーカーという二種類に分類されていることに気が付いた方も多いでしょう。個々の企業としての違いに加えて、工務店/ハウスメーカーはそれぞれどんな特徴を持っているのでしょうか。今回は2種類のメリットとデメリットに触れながら詳しくご紹介します。

工務店とハウスメーカーそれぞれの特徴

同じ家づくりを行う企業でも、それぞれ異なる特徴を持っています。

工務店は地域の頼れる家づくり企業

工務店は県内や市内など、範囲を絞って顧客を受け入れている場合が多いです。規模も小さく、昔から地元にある会社といったイメージを持つ方も多いでしょう。しかし最近ではハウスメーカーのように、家づくりを担う企業に加盟して地域で仕事を請け負っている工務店も登場しています。

また工務店としての規模が大きく、独自のブランドを活かしてモデルハウスなどを展開しているところも増えてきました。工務店は家づくりに特化しているというより、幅広く建築業全般を請け負っています。現場で培ってきたノウハウを活かして、それぞれの会社によって異なるコンセプトを期待できるのが工務店です。

ハウスメーカーは全国規模

全国規模で支社を持ち、地域を限定せず顧客を受け入れているのがハウスメーカーです。設計の標準モデルやさまざまなオプションなどが会社ごとに存在し、どの地域で依頼しても同じ品質の家づくりが期待できます。ゼロから設計を考えるのが苦手な方や、システムが整った会社に依頼したいという方に向いています。

工務店のメリット・デメリット

規模が小さい会社であるからこそ、設計や費用の面でメリットがあるのです。

メリット:デザインの可能性が無限大

ハウスメーカーで家づくりをするよりも、デザインの自由度が高いことがメリットの一つです。ハウスメーカーはそれぞれの会社ごとに、設計の標準モデルがあったりプランの種類が限られていたりする場合があります。一方工務店は、とくに決まったモデルが存在しません。ゼロから担当者と設計を行い、イメージを家づくりに細かく反映することが可能です。

メリット:地域の気候や景色に合わせた家づくりを提案

夏の暑さや冬の寒さ、梅雨や雪など、地域による気候の差に合わせた家づくりを提案してくれるのが工務店です。住んでいる場所が異なれば服装が異なるのと同じように、家づくりもその土地の気候に対応できる素材や形を追求することが必要になります。

工務店は地域に根差した建築を行っているので、その土地で求められる家の傾向をしっかり実物に反映できるのです。また工務店によっては町の景観に合わせた家づくりを大切にしているところもあります。住む場所に適した家を建てたい方におすすめです。

デメリット:長期間の保証に対応していない場合がある

ハウスメーカーと違い、工務店の中には建築後のメンテナンス制度を設けていないところもあります。しかし家の不具合に関する相談には乗ってくれるうえ、工事が必要であれば適切な対応をしてくれる工務店がほとんどです。会社主体の点検やメンテナンスを行ってほしい、という方には少し物足りないと感じられるかもしれません。

ハウスメーカーのメリット・デメリット

全国展開しているハウスメーカーは、会社ごとに存在するマニュアルによってしっかり家づくりを管理しています。

メリット:丁寧なアフターフォローが受けられる

ハウスメーカーには会社ごとに、建設後のメンテナンス過程が細かく定められています。最初の5年間は毎年定期点検を行う、10年目などの節目には補強工事を行う、といった具合です。家を建てても企業がしっかり管理をサポートしてくれるのは、非常に大きな安心につながりますね。もちろん工務店でもアフターフォローに対応してくれますが、ハウスメーカーのようにマニュアル化はされていません。

デメリット:設計がパターン化している

ハウスメーカーは標準モデルが設定されていて、そこにオプションを追加していくのが一般的です。壁や屋根の色、家の形、窓の位置などをいくつかあるパターンから選ぶため、ほかの顧客と同じような家に仕上がる可能性もあります。工務店と比較すると、どうしてもデザインの自由度が下がってしまうでしょう。

注文住宅の施工は工務店とハウスメーカーどちらに依頼するのがおすすめ?

工務店とハウスメーカー、どちらにもメリットがあり、またデメリットもあることが分かりました。工務店・ハウスメーカーという違いで区別するのではなく、どのような家を建てたいかという希望を叶えてくれる企業であれば、どちらに依頼しても問題はないでしょう。より自由度の高い家づくりをしたいと思うなら、標準モデルなどにとらわれない設計を提案してくれる工務店がおすすめです。

 

家づくりを依頼する企業として、工務店とハウスメーカーの二種類が存在します。設計の自由度が高い工務店、アフターフォローが丁寧なハウスメーカー、それぞれによさがあります。家を建てる際は企業のコンセプトやこだわりを確認して、工務店・ハウスメーカーという違いに左右されず依頼先を選択することが大切です。より自分の希望に沿った設計を叶えたい場合は工務店に依頼するとよいでしょう。

 

【新潟市】注文住宅メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名大滝工務店清新ハウスKNOWLEDGE LIFE(ナレッジライフ)一条工務店Organic Studio(オーガニックスタジオ新潟)
特徴①地中熱を使った家づくり。高気密・高断熱で安心な家づくりを年間で10棟しか建設しない理由は、本当に住みたい家をつくりあげるから人と街と地球にやさしい家をコンセプトに快適な住まいと暮しをご提供高性能で耐震性を重視した家づくり。業界トップクラスの性能をもつ工務店新潟に最適な高気密で高断熱住宅をつくるオーガニックスタジオ新潟
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧