本当に便利?タッチレス水栓の導入で失敗しないためのポイント

公開日:2024/05/15

新潟市 注文住宅 タッチレス水栓

タッチレス水栓は便利で衛生的な選択肢として注目されていますが、導入には注意が必要です。失敗しないためには、設置環境やメンテナンスの負担、コスト面などを十分に検討する必要があります。この記事では、タッチレス水栓の導入前に考慮すべきポイントを解説します。これから注文住宅を建てる人はぜひ参考にしてください。

最近人気の「タッチレス水栓」とは

近年、家庭や商業施設での利用が増えている「タッチレス水栓」は、その便利さと衛生性から注目を集めています。タッチレス水栓の利点、類似したハンズフリー水栓との違いについて解説します。

タッチレス水栓とは?

タッチレス水栓は、その名のとおり、手で触らずに水を出したり止めたりできる水栓のことです。内蔵されたセンサーが手の動きを感知し、手をかざすだけで水の供給を開始、または停止します。

タッチレス水栓の利点

従来のハンドル式水栓とは異なり、触れずに水を出せるため、雑菌や汚れの付着を最小限に抑えることができます。とくに、調理中や食事の準備時には清潔な状態を維持したいと考える方にとっては理想的です。ハンドルを回したり押したりする必要がないため、操作も簡単で、高齢者や身体の不自由な方にもやさしい設計です。

さらにタッチレス水栓のもうひとつの魅力は、スタイリッシュなデザインです。センサーが内蔵されているため、外観がすっきりとしており、モダンで洗練されたデザインを実現しています。キッチンや洗面所など、さまざまな場所に柔軟にマッチするでしょう。

ハンズフリー水栓との違い

よく似た機能を持つものとして「ハンズフリー水栓」がありますが、タッチレス水栓とは異なるものです。その違いは、センサーの位置です。タッチレス水栓はセンサーが水栓の上部に設置されていますが、ハンズフリー水栓では吐水口近くにセンサーが付いています。手を吐水口の下に入れると水が出り、離すと止まります。

また、動作の仕組みにも違いがあります。タッチレス水栓は手が近づくと自動的に水が出るように設計されていますが、ハンズフリー水栓は手を感知して水を供給し、一定時間経過すると自動的に停止する場合もあります。おもに商業施設のトイレなどで導入されていることもあり、多くの人がすでに利用した経験があるでしょう。

タッチレス水栓のメリット・デメリット

近年、タッチレス水栓の導入が注目されており、その利便性や衛生面でのメリットが多くの人々に受け入れられつつあります。しかし、一方でデメリットも存在し、導入を検討する際にはその両面を理解することが重要です。

メリット

タッチレス水栓の最大のメリットは、水栓を常に清潔に保つことができる点です。従来の水栓では手で触れることが必要であり、そのたびに菌や汚れが付着する恐れがありましたが、タッチレス水栓では手を触れる必要がないため、衛生面での心配を軽減できます。特に感染症対策においては、手指の衛生が重視される今日、この点は大きな利点です。

さらに、タッチレス水栓は節水効果も高く、使用者が必要な分だけ水を出せるため、無駄な水の使用を抑えられます。環境にもやさしく、経済的にもやさしいといえますね。

また、高齢者や小さな子どもなどの握力が弱い人々にとっても利便性が高い点が挙げられます。従来の水栓は力を入れて閉める必要があり、閉めきれない場合には水の浪費や漏水のリスクがありましたが、タッチレス水栓では自動的に止水されるため、心置きなく使用できます。

デメリット

タッチレス水栓では、水量や水温の調整がボタンでの操作に限られてしまいます。従来の水栓では手元で水量や水温を調整することができましたが、タッチレス水栓では専用のボタンを使用する必要があり、使い勝手に慣れるまで時間がかかるかもしれません。

さらに、停電時にはタッチレス機能が使えなくなるため、緊急時には手動で水を出す必要があります。また、一部の製品では少量の水を出すのが難しい場合があります。とくに手をかざすと自動的に水が出るタイプのものは、微調整が難しく、細かい用途には向いていないかもしれません。

最後に、一般的な水栓よりも導入費用が高い点もデメリットです。タッチレス機能を搭載した高性能な水栓は、その分価格が高くなる傾向がありますので、予算の範囲内での導入を考える必要があります。

タッチレス水栓で後悔しないためのポイント

注文住宅を建てる際、家の設備選びは重要なポイントのひとつです。とくに、近年注目を集めているタッチレス水栓の導入は、快適さや衛生面でメリットがありますが、後悔を避けるためには注意が必要です。ここでは、タッチレス水栓を選ぶ際のポイントを紹介します。

ショールームで実物確認

まず最初に、ショールームでの実物確認が重要です。タッチレス水栓は多くのメーカーから提供されており、使い勝手やデザインなどが異なります。カタログだけではなく、実際にショールームで操作感やデザインを確認しましょう。家族全員で行くことで、使いやすさや好みについての意見を集約し、後悔を防ぐことができます。

事前の確認を怠らない

タッチレス水栓を導入する際には、事前に解決できる後悔ポイントをチェックすることが重要です。停電時の操作方法や浄水器の設置可能性など、重要なポイントを事前に確認しておくことで、後々の不満やトラブルを避けることができます。ショールームのスタッフに質問することで、より詳細な情報を得ることができます。

予算決め

予算の上限を決めておくことも大切です。高機能なタッチレス水栓は性能が高く、魅力的に感じるかもしれませんが、予算を超えてしまうと後悔することがあります。タッチレス水栓の価格差や寿命、電池交換の頻度などを考慮して、予算を設定しましょう。

まとめ

タッチレス水栓は衛生面や節水効果など多くのメリットを持ちますが、水量や水温の調整の制限や停電時の対応、導入費用の高さなど、デメリットも忘れてはなりません。導入を検討する際には、自身のニーズや環境に合わせて利点と欠点をしっかりと比較し、適切な選択を行うことが重要です。

また、タッチレス水栓を導入する際には、ショールームでの実物確認、事前のポイントチェック、予算の設定が重要です。家の設備選びは慎重に行い、快適な生活を実現しましょう。

まず相談をしたい方は、
この会社がおすすめ!
株式会社大滝工務店
株式会社大滝工務店の画像1
・地中熱を使った家づくり
・新潟市で50年以上の豊富な実績
・10年の瑕疵担保責任保険や無結露50年保証
・完全自社設計施工

【新潟市】注文住宅メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名大滝工務店清新ハウスKNOWLEDGE LIFE(ナレッジライフ)一条工務店Organic Studio(オーガニックスタジオ新潟)
特徴①地中熱を使った家づくり。高気密・高断熱で安心な家づくりを年間で10棟しか建設しない理由は、本当に住みたい家をつくりあげるから人と街と地球にやさしい家をコンセプトに快適な住まいと暮しをご提供高性能で耐震性を重視した家づくり。業界トップクラスの性能をもつ工務店新潟に最適な高気密で高断熱住宅をつくるオーガニックスタジオ新潟
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索